LCNEMのステーブルコインは他と何が違うのか?

LCNEMのステーブルコインについて

LCNEM Chequeの強み

LCNEMのステーブルコインであるLCNEM Chequeは日本初の日本円建てステーブルコインであり、既に国内で先行者としてのポジションを獲得しています。

NEMパブリックチェーン上に発行した法定通貨ペッグのトークンですが、将来的にCosmosブロックチェーン上での発行も計画しています。Cosmosはインターオペラビリティ(相互運用性)という機能を備えており、Cosmosブロックチェーン上で様々なブロックチェーンを結んでLCNEM Chequeを利用できるようになります。

LCNEM Chequeは暗号資産ではなく前払式支払手段(電子マネーなど)のため、裏付けとなる資産を政府に供出する義務があります。そのため利用される方がカウンターパーティーリスク(取引の相手が破綻して契約不履行になるリスク)を負うことはありません。

将来的に考えている第三者型支払手段への移行ですが、ブロックチェーン上のトークンなので、世界中に送金したり決済したりすることが可能です。従来の電子マネーを遥かに凌駕する利便性を有しているのです。

LCNEM Chequeのユースケース(利用例)

LCNEM Chequeの具体的な利用例を以下に紹介していきます

1.オンライン決済

ネット通販サイトでのオンライン決済

2.店頭での決済

→店頭に足を運んで決済するケース。専用機器が不要で、スマートフォンなどのデバイスとネット環境があれば利用でき、かつ手数料が安価なため、非常に低コストで決済を行うことが出来ます。

3.アポスティーユ(公証)の発行

→アポスティーユ機能によって、「誰がどこにどれだけ送金したか」を証明書付きで証明することが可能です。

おわりに

LCNEMはステーブルコイン以外にもWalletなど様々なサービスを提供しておりますので、今後はそちらの紹介もしていきたいと思います。

※ITシステム開発関連のお仕事に従事されている方へ
LCNEMはブロックチェーンを用いたシステム開発の案件を募集しています。お客様の経営課題を解決するために、システムの開発から導入・利用のコンサルティングまで幅広く案件を募集しておりますので、是非弊社にお任せ下さい。